タイムシートの使い方

概要

勤怠実績をもとに自動で作成されたタイムシートを出力することができます。
リアルタイムにタイムシートの情報が更新されるため、人材会社からの提出を待たずに確認・出力することができるようになります。

 

 

目次

画面説明
操作説明
 ・検索
 ・タイムシート

 

 

画面説明

Frame 1 (75).png

No 項目名 項目説明
検索 ②[タイムシート一覧]に表示されている案件を任意の条件で検索できます。
詳細は[操作説明]-[検索]をご確認ください。
タイムシート一覧

契約締結されている案件を一覧表示します。
案件を選択すると、タイムシートの一覧を確認することができます。
詳細は[操作説明]-[タイムシート]をご確認ください。

エクスポート ②[タイムシート一覧]をCSV形式で出力することができます。

 

 

操作説明

検索

以下の条件から案件を検索することができます。

【検索条件】契約期間、人材会社、キーワード検索(スタッフ氏名・カナ、就業現場、組織名、業務名)

Frame 2 (63).png

 

 

タイムシート

  1. 表示している勤怠に関する情報が表示されます。
  2. タイムシートを出力したい期間を指定します。(デフォルトでは当月1ヶ月分が指定されています。)
    その他、必要に応じて検索キーワード(スタッフ氏名・カナ)を指定します。
  3. 1で指定された条件に応じて配置されているスタッフが表示されます。
    [プレビュー]を押下すると、該当スタッフのタイムシートが表示されます。
    複数スタッフのタイムシートをまとめて出力したい時は[一括プレビュー]を押下してください。Frame 3 (48).png
  4. 勤怠実績が反映された状態のタイムシートが表示されます。
    必要に応じて[印刷]を選択し、紙面として印刷してください。

Frame 4 (46).png